2019年3月2日土曜日

ピンクシャツデー

2月27日にピンクシャツデーというプログラムを行いました。
ピンクシャツデーとは、2007年カナダの学生2人から始まったいじめ反対運動です。

ある日、ピンクのポロシャツを着て登校した少年が「ホモセクシャルだ」といじめられました。それを聞いた先輩2人が50枚のピンクシャツを購入、インターネットで「明日、一緒に学校でピンクのシャツを着よう」と呼びかけました。翌日学校では呼びかけに賛同した数百名の生徒がピンクのシャツや小物を身に着けて登校。学校中がピンク色に染まり、いじめが自然となくなったそうです。
このエピソードはSNS等で世界中に広まり、今では70カ国以上でいじめに反対する活動が行われています。カナダで最初にこの出来事があった日が、2月の最終水曜日でした。それ以降、2月の最終水曜日に私たちもいじめについて考え、いじめられている人と連帯する思いを表す1日としています。
今年は、高学年のお友だちがピンクシャツデーが始まったきっかけとなるお話を劇で演じてくれることになりました!

低学年のお友だちをいつも遊んでくれている5年生や6年生がやっているのを真剣に見て
いじめについて考えてくれました。
最後は紙に、劇をみての感想やいじめはどうしたらなくなるのか考えてもらいました。
ピンクシャツデーを通し、いじめを自分事をとらえ、優しくお友だちと関わることができるようになれたらと思います。



                   (上飯田小学校放課後キッズクラブ 多田)