2013年5月10日金曜日

活動報告「手品カードづくり」

5月の最初のプログラムは、画用紙を使って「手品カード」作りをしました。
右側のページに入れた鉛筆が、あっと言う間に左側に移るという不思議なカードです。


まず細長い画用紙を1/3に切り分け、切り分けた画用紙の1枚を、さらにもう1/3に切り分けます。
それぞれ切り分けた画用紙を、決められた場所にのり付けをすれば完成。

鉛筆ではなく、自分の手のひらを入れて楽しんでいる子どもたちもいました。
この手品カード作りには、49名もの子どもたちが参加し、1年生の子どもたちもみんな上手に出来ました。