2016年7月15日金曜日

コムギン作り

6月の工作第2弾はコムギン作りに挑戦しました。

なかなか聞きなれない言葉に「コムギンってなーに?」と多くの子どもたちが興味津々でした。

キッズの先生が作ったお手本のコムギンを見せると「気持ちい~」「なにこれ~」と不思議な感触のコムギンにみんな夢中でした。

空気を抜いた硬いコムギンと空気が入ったぷにぷにのコムギン、自分の好きな大きさ、柔らかさで作れるため何個あっても飽きが来ず、とても楽しめます。

子どもたちの中にも「昨日硬く作ったから今日は柔らかいのにした~」と言う子もいました。

キッズクラブではペットボトルとろうとを使用しました。




ペットボトルが倒れないよう2人1組で行い、1年生同士で難しいときは近くの2年生以上のお友だちが手を差し伸べてあげたりとお兄さん、お姉さんらしい姿を見る事ができました。


風船に小麦粉を入れ、好きな大きさになったら風船を結びます。
そのあとはシールや毛糸、ペンを使って好きな模様を書きます。



完成したあとは自分とお友だちのものを比べている子もいました。
多い子は毎日参加して、いろいろな大きさ、柔らかさのものを作っていました。

おうちに帰って風船を割らないように気をつけてください!!