2016年11月8日火曜日

ハロウィンイベント

10月31日はハロウィンということで、キッズクラブでも事前に教室にハロウィンの飾りを貼ったりしていましたが、いよいよ当日!
仮装の道具を持ってくる子もいましたが、多くの子は持ってきていなかったため、気分を高めるためにやりたいお友だちに顔にハロウィンのペイントをしました。

はじめはやりたくないと恥ずかしがっていた子も周りの子のペイントを見て「あれならやってみたい!」と多くのお友だちが参加してくれました。

女の子は顔にネコやジャックオランタン、ハートなどのかわいいペイントをする子が多く、男の子はゾンビやガイコツなどこわいペイントをする子が多くいました。

手にもペイントをしてもらっています



今年のハロウィンイベントは低学年・高学年混合の6つのチームにわけ、チーム戦で行いました。
第一回戦は“ハロウィンカード探し”でした。
校庭、図書室、B棟2階廊下に計40枚のカードを隠し、カード1枚1枚に点数がつけられています。カードの合計点数を競うゲームです。

「よーい!スタート!!」の合図でチーム内で作戦を立てるところや、「とりあえず校庭から!」とすぐに走り出すチームなど、それぞれいました。

必ずチームで行動をし、チームから外れて行動をする人がいないこと。
学校の中では走らない。

という約束をみんなしっかりと守ってくれました。



ゲーム第二回戦は“ハロウィン的あて”を行いました。
ひとり3回のチャンスで割り箸で作られた鉄砲を使い、的を倒します。
倒した的の底に点数が書いた紙が貼られています。
倒すまでどの的が何点かわからないため、チームでの協力が必要となります。
今回用意した的の最高得点は20点だったため、ひとりがそれを倒すとみんなその的目がけて打ちます。
かなり近いところから狙っていますが、当てるのがとても難しく、「当たったのに倒れない~」「惜しい!!」と悔しさを口にする子もいました。

低学年に打ち方や輪ゴムのセットの仕方、打った輪ゴムを拾いに行ってあげたり、点数を数えたりとチーム全員で協力する姿が見られました。





最後は「トリック・オア・トリート!」と言い、お菓子をもらいました。